塩化ビニルとは

えんかビニル Vinyl Chloride 分子式C2H3Cl。クロロエチレンともいう。無色の気体。ポリ塩化ビニル、塩化ビニリデンなどの原料になる。アセチレンを塩化水素と反応させてつくる製法と、エチレンを原料とする製法がある。

1835年にフランスのH.V.ルニョーが合成に成功し、同時に重合したポリ塩化ビニルも合成している。塩化ビニル樹脂という場合は、ポリ塩化ビニルのことをいう。しかし、この当時のものは、重合度が低く熱分解しやすかったので、長い間工業材料として実用化できなかった。つかえるものは、1927年にアメリカの化学会社が開発した。重合度やほかのポリマーとの共重合、混合される材料などで、さまざまな性質をもたせることができることから、以前は、汎用プラスチックの代表的材料であったが、現在ではポリエチレンに生産量の首位をあけわたしている。ちなみに94年の日本での生産量は、ポリエチレンが290万tあまりに対して、塩化ビニル樹脂は、210万t程度である。用途としては、成形して各種の製品にするほか、電線などの絶縁被覆、塗料、接着剤などに使用される。日本では、化学会社がこぞって塩化ビニルの製造に参入したため、過剰設備となり、各社とも採算がわるい時期があったが、最近では、整理統合がすすみ改善がみられる。

分子量62.50。融点-159.7°C。沸点-13.7°C。

Microsoft(R) Encarta(R) 2006. (C) 1993-2005 Microsoft Corporation. All rights reserved.


容器包装リサイクル法とは

わが国は、今日まで「大量生産・大量消費・大量廃棄」によって発展してきました。
この経済システムによって生み出された廃棄物は増大の一途をたどり、廃棄物を
埋め立てる最終処分場が足りなくなる事態も生じてきました。

このため、廃棄物の発生を抑制するとともに、廃棄物をリサイクルすることによって
廃棄物の減量を図ることが重要となり、 特に、容器包装廃棄物の処理が緊急の
課題となってきたのです。

そこで政府は、平成7年(1995年)、「容器包装リサイクル法」 を制定し、家庭から
一般廃棄物として排出される容器包装廃棄物のリサイクルシステムを構築することにしました。
この制度は、平成9年(1997年)に一部施行され、平成12年(2000年)に完全施行となりました。

また、法施行後約10年が経過したこの容器包装リサイクル制度の課題を解決するため、
平成18年(2006年)に、改正容器包装リサイクル法が成立し、平成19年(2007年)4月から
施行されることになりました。

消費者、事業者、地方公共団体の役割分担について
容器包装リサイクル法の特徴は、従来は市町村だけが全面的に責任を担っていた
容器包装廃棄物の処理を、消費者は分別して排出し、市町村が分別収集し、
事業者(容器の製造事業者・容器包装を用いて中身の商品を販売する事業者)は
再商品化するという、3者の役割分担を決め、3者が一体となって容器包装廃棄物の
削減に取り組むことを義務づけたことです。

レジ袋の有料化について

平成19年4月から改正容器包装リサイクル法(容リ法)が施行され、
消費者、事業者、地方公共団体の3者が役割分担して、レジ袋や
紙袋、ペットボトル、プラスチック容器などの資源リサイクルを進め、
廃棄物を減らすことを目指します。

容リ法の最もわかり易い対象として、レジ袋の削減が話題になって
いますが、すでに一部のスーパーでは実験的に有料にしています。

料金は1枚5円ですが、1円でも安い買い物をしたい客に対して
削減効果が期待できます。
スーパーはレジ袋でもうけようというのではありません。削減努力が
不足していると罰金の対象となってしまうためです。

買い物をすることを予定しているときは、買い物袋を用意して出かける
ことが可能ですが、そうでは無いときや、勤め帰りに買い物をするときには、
どうしてもレジ袋を必要とすることになります。
そうしたときにはレジ袋が無料の店を選んでしまうことになりかねません。

そういった意味で、コンビニ業界は有料化に消極的であると言われています。

海外では有料化を義務付けている国もありますが、日本では小売業界
全体の賛同が得られず、有料化するにはいたっておりません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。